再会できる!?

20090224-00000024-jijp-soci-view-000[1]
ルーリン彗星が最接近!
天空ロマンチストの私としましては、ぜひとも見てみたいのですが・・・。
ドンヨリ雲に邪魔されておりますので、写真でガマンします。
もしくは次回。数万年後に再び戻ってくるようですしね。(・.・;)
輪廻転生でまた人間だったらチャンスあるかも!
WBCも盛り上がっていますね!
今夜もオーストラリアとの強化試合TVやりますよ!
昨日はボロ勝ち(*^^)v
今日は・・・?
☆Vertigo(ヴァーティゴ)情報
バッグ・財布の専門店です!

☆ブログランキング参加中です。”ポチッ”とよろしくお願いします。m(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
・タイムブログランキング

広告

動物の「皮」から「革」のできるまで④

植物タンニンを用いたなめし方法が「タンニンなめし」。
そしてもう一つ、薬品を用いたなめし方法が「クロームなめし」です。
タンニンなめしと比べると、非常に工程期間が短くなります。
タンニンなめしで約2~3週間とすると、クロームなめしは染色工程を含めても約1週間程です。
塩基性硫酸クローム塩という化合物を溶かした液を用います。
この化合物とコラーゲンを結合させるなめし方法です。
なめし上がりは、とても柔軟性(ソフトな感じ)があり耐熱性もあります。
断面は青緑色。吸水性が低いため水分をはじきやすいです。
なので、タンニンでなめされたヌメ革よりも利用範囲が広いです!
ほかにもタンニンなめしとクロームなめしを併用した「混合なめし」なども。
タンニンを用いた方法は古代から利用されていますが、
クロームを用いた方法は比較的歴史が浅いので、
現代人が知恵を絞って考えだしたものなんですね。
・・・時短目指した???
☆Vertigo(ヴァーティゴ)情報
バッグ・財布・アクセサリーの通販はこちらから・・・

☆ブログランキング参加中です。”ポチッ”とよろしくお願いします。m(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
・タイムブログランキング

TANDEM(タンデム)の6号帆布リュック(スエード革付属)

004_20090221140438.jpg
[ディスプレイ] ブログ村キーワード
今話題(?)沸騰中!!!
「TANDEM(タンデム)」の新型リュック(ディパック)です。
横ポケットもメインスペースもガッポリ開口!3方開きファスナー式ですよ。
いつもバッグにはアンコ(新聞紙とも言う)を詰め込んでディスプレイしてますが、
今回は相当量のアンコが入ってしまいました。(笑)
厚手の帆布(ハンプ・綿素材)を使ってますから、かなり強度あります!
しかーし、バッグ自体はとても軽いのです。
イチローの使用してるバットよりも軽いんじゃ・・・???
・・・スミマセン。
詳しい重さは不明ですが、大きさの割には軽い事間違いなしです。
★バッグの詳細はこちらです。
☆当店情報
バッグ・財布・アクセサリーの通販はこちらから・・・

☆ブログランキング参加中です。”ポチッ”とよろしくお願いします。m(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
・タイムブログランキング

※委託作家さん・職人さん随時募集中です!
お問い合わせは・・・
コチラからお願いします。_(_^_)_

超簡単!靴のお手入れ

[スプレー] ブログ村キーワード
私のきったな~ぃブーツを手間暇かけずに簡単お手入れ!
左右の違い分かりますか???
003_20090217152933.jpg
まずは「ツヤ出し栄養スプレー(1050円)」を・・・
006.jpg
ブシューッ!
ただし、革質によっては直接吹きかけない方がいい場合もあります。
(シミにご注意!)
001_20090217153337.jpg
汚れてもいいタオルでただゴシゴシ磨くだけで・・・
これだけでもキレイになりますね!(一番上が比較画像)
002_20090217153533.jpg
さらに「ミンクオイル(525円)」を革に浸透させましょう・・・
少量ブーツに塗り込んでいきます。(革質によってシミになる場合があります!)
僕は布に一度取っておりますが、
手で直接塗り込んで、再度拭き取ってもいいと思います。
(そちらの方が愛情も浸透する!?)
019.jpg
そして、こんなになりました!!!
005_20090217154122.jpg
・・・あんまり変わらない?
まあそうおっしゃらずに。 (・.・;)
キズはどうにもなりません。
多少色落ちするかもしれません。
気になるようでしたら、靴クリームなどで補色するのもありです。
☆当店情報
バッグ・財布・アクセサリーの通販はこちらから・・・

☆ブログランキング参加中です。”ポチッ”とよろしくお願いします。m(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
・タイムブログランキング

※委託作家さん・職人さん随時募集中です!
お問い合わせは・・・
コチラからお願いします。_(_^_)_

動物の「皮」から「革」のできるまで③

[動物] ブログ村キーワード
準備工程を経て、いよいよ「なめし工程」に入っていきます。
動物から皮を剥いでそのままにしておけば、すぐに腐ってしまいます。
そのまま干し上げるとカチカチのスルメ状態になってしまいます。
「皮をなめす」っていうのは、樹液や薬品を使って腐ったりカチカチにならないようにする方法です。
古代から人間は動物の皮を利用していて、様々な方法を開拓していたそうです。
(口でグチャグチャ噛んでみたり、燻してみたり、動物の脂や脳みそに漬けてみたり…)
そんな先人たちの努力で、現在の「なめし」の方法が確立されていきました。
今、主流となっている方法に「タンニンなめし」「クロームなめし」があります。
その他にもありますが、ほとんどがこれらの方法かと思います。
まず「タンニンなめし」は、樹木や草木の「タンニン(渋)」をコラーゲンと結合させる方法です。
南アフリカ産のミモザから抽出したワットルエキス、
南米のケブラチョから採れるケブラチョエキス、
ヨーロッパのチェスナットから採れるチェスナットエキスなど
(その他ガンビア・オーク・タラ…)を溶かした液を用います。
ちなみにお茶とかワインにも入ってます!
なので僕もある意味「タンニン漬け」・・・(笑)
すいません・・・
・・・で、「タンニンなめし」された革は茶褐色に仕上がります。(タンニンの色)
硬く伸縮性が少なくて、型崩れしにくいのが特徴です。
いわゆる「ヌメ革」です。(ルイヴィトンのモノグラムなんかで革付属として使われてます。)
染色などをせず、そのまま取引されてます。
レザークラフトをやられる方にはお馴染み。
年月が経てば、アメ色に変化していきます。
これがまた革好きにはたまらない”味”となるのですねー!
☆当店情報
バッグ・財布・アクセサリーの通販はこちらから・・・

☆ブログランキング参加中です。”ポチッ”とよろしくお願いします。m(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
・タイムブログランキング

※委託作家さん・職人さん随時募集中です!
お問い合わせは・・・
コチラからお願いします。_(_^_)_

前へ 過去の投稿

最近の投稿

過去ブログ